BEKOMATの原則 - 資源の節減と効率性の向上

圧縮空気の生成過程にともなう、不必要なダメージやコストを効率的に回避するには、実際のドレン量に応じたドレン排出が要求されます。このための容量レベルセンサを装備したBEKOMATドレン排出では、インテリジェント電子制御が圧縮空気のロスおよびエネルギー消費を最小限に抑えます。その結果、タイム制御式の排出バルブを採用した場合と比較すると、すでに半年間で初期投資を回収することが可能です。

包括的な製品ポートフォリオを用意しておりますので、あらゆる性能およびタイプのコンプレッサー、システム圧力、条件に最適な装置をお選びいただけます。

リンク

BEKOMATの関連ファイルは ダウンロード欄 にあります。