ひとりの男の独創的なアイディアから生まれた世界をリードする企業

ある男の独創的なアイディアから生まれた世界をリードする企業が1982年にデュッセルドルフの裏庭の小さなガレージで誕生しました。創業者のベアトールド・コッホ(Berthold Koch)は、数多くの実験とシンプルな方法を通じて、革新的なアイディアによる業界初の電子レベル制御によるドレン排出器の開発に成功しました。画期的な製品であるBEKOMATの誕生です。圧縮空気の処理における最大の問題のひとつを見事に解決したこの発明によって、圧縮空気および圧縮ガス技術で世界をリードする企業が新たに誕生することになりました。

Beko - サクセスストーリー

1982–1990:

小さな苗木が大木に成長

この誕生して間もない企業は、ごく初期においても技術革新と成長を重視していました。BEKOMATを市場に送り出してからも、さらにドレン処理の問題を解決する新技術を開発し続け、数年のうちにBEKOはドレン技術で世界をリードする企業にまで成長しました。このような着実な成長により、1980年代末にノイスの広大な地に事業拠点を移すことになりました。

1990年代

さらなる技術開発による成長

BEKO TECHNOLOGIESは、圧縮空気のドライヤーおよびフィルター分野における製品群をさらに充実させ、初めて圧縮空気処理の分野で業界標準としての地位を確立し、90年代においても引き続き世界の市場において持続的な成長と技術革新によるダイナミックな成功をおさめてまいりました。こうして開発されたのが、例えば、DRYPOINT-Mメンブレン式ドライヤーです。このドライヤーは、使用直前に圧縮空気を乾燥させる業界をリードする特別なソリューションとなりました。

2000年 :

使命感によるさらなる成長

製品群を拡大し、また世界市場へ進出が増大したことから、社名を、それまでの限定的なBEKO Kondensattechnik GmbH(BEKOドレン技術)から、より幅広い名称のBEKO TECHNOLOGIES GmbHへと変更いたしました。さらに、グローバルな戦略を推し進めるために2007年からEVERAIR TECHNOLOGY を傘下に入れ、 これによって製品とサービスの幅が拡大され、大きな流量の圧縮空気を処理できるドライヤー技術は、BEKOグループに、新たな国際市場を開くきっかけを与えることになりました。さらにBEKOのトップレベルの測定技術が、製造過程の精度と信頼性を高めました。

2007年:

早すぎる死と、新たな出発

2007年、創立25周年を祝ってから間もなく、創立者のベアトールド・コッホ(Berthold Koch)が突然死去。すぐれた企業精神を確立した創設者を失うことは、会社の歴史を語る上での大きな出来事でした。その後、即座に抜擢された新しい経営陣には、株主でもある経営者一族のほかに、長年BEKOを支えてきた優秀な社員が加わりBEKO TECHNOLOGIESは強靭で独立性の高い企業として継続されています。ノイスの生産拠点も9500平方メートルに拡大され、その後の経済危機にもかかわらず、大きな躍進を続けています。

BEKO TECHNOLOGIESのサクセスストーリー

未来に向けた企業体制

革新的な技術で業界をリードするBEKOは、過去30年近くにわたる業績を通じて世界中で高く評価され、圧縮空気および圧縮ガス技術分野におけるリーダー的な地位を確立しています。BEKOにおいて、とりわけ重視しているのが独自の研修センターです。ここで企業の貴重なノウハウを従業員に徹底し、企業の成功の基盤を強化しています。圧縮空気および圧縮ガス技術のユーザーのための先駆的なソリューションにおいて、BEKO TECHNOLOGIES GmbHは、創設者ベアトールド・コッホのビジョンを、未来に向けて継承しています。お客さまの立場で考え、社会に貢献するBEKO TECHNOLOGIESは、すぐれた従業員に支えられ、高い水準で発展し続けています。

リンク