METPOINT OCV

2009年、BEKO TECHNOLOGIESは、徹底した研究と市場での独自の経験を通じて、新しいMETPOINT測定技術製品として、新開発のオイルベーパー計測装置METPOINT OCVを発表しました。この計測装置は、ISO 8573-1クラス1-4の規定を満たすことがTÜV Nordより認証されました。

これについて、BEKOプロダクト・マネジャーのローランド・ドゥンカー(Roland Dunker)は、次のように語っています:「METPOINT OCVは、独立認定組織からの認証を受けることができた、圧縮空気中に含まれるオイルベーパー量の検出のための世界初のオンラインシステムです。このMETPOINT OCVシステムに認証を受けるためにTÜV NORDとの緊密な協力のもとに1年もの期間を要しました。BEKOは、このような認証を受けられたことを大いに誇らしく思っています。また、このような国際的に認定された基準を通じて、お客さま、さらに潜在的なお客さまに対して、BEKOの製品の高い性能と信頼性が、十分に納得していただけるものと思います」

「オイルフリー」とされる機器であっても、周辺空気や吸入空気により、完全な「オイルフリー」を保証することはできません。標準的なアプリケーションでは、ほとんどの場合、一定量の残留オイルを完全に回避することはできません。ですから正確でいつでも可能なオイルベーパー量の監視が重要になります。特に、化学や薬品分野、食料品、表面処理などの分野でのデリケートな生産プロセスでは、圧縮空気の分析やコントロールが、きわめて重要な課題となります。 METPOINT OCVは、千分の1 mg/m³単位の分析や、残留オイル成分の厳しい限界値0.001 mg/m³でも、運転中にオンラインで継続的に監視することが可能です。タッチスクリーン・ディスプレイ装備、ネットワーク対応で、オンライン測定により持続的に生産プロセスの信頼性を確保します。

METPOINT OCV

ダウンロードし