ニュース

新製品: 流量センサー / METPOINT® FLM SF13・SF53 03.04.2018

METPOINT FLMシリーズは、圧縮空気の流量を測定することができます。そして、消費量の正確な分析は、コスト削減、及びエネルギー効率化のための基準となります。また、エア漏れ、過負荷や正常でない状態を正確に見つけることができます。そのため、センサーからの測定データに基づくことで、コンプレッサーラインの構成を最適化することができます。

[more]

CLEARPOINT 3eco:ラインフィルター新モデル 24.10.2017

最新モデルのCLEARPOINT 3ecoは、旧モデルに比べて、最大10倍のオイルエアゾールの吸着率の向上を実現し、圧縮空気フィルターに関するソリューションのさらなる改善を可能としました。また、圧力損失は最大50%減らす事が出来ると共に、最適なエネルギー効率も実現できます。このような理由から、’’ECO’’の名称を追加させて頂く事となりました。

[more]

グローバル市場に向けた新規事業部設立のお知らせ 20.09.2017

ベコテクノロジーズは、グループ各社のグローバル化を進める為に、新しい部署として“Global Corporate Development (GCD)”を設立しました。創業者であるBerthold Kochの子息のYannick Kochが、この部署のマネジメントを引き継ぎます。

[more]

エアーフィルター:CLEARPOINT®(クリアポイント) 21.02.2017

エアーフィルター“CLEARPOINT®”シリーズは、フィルターによる差圧を最小限に抑え、エネルギー効率の優れた”3E”(Energy Efficient Element)技術を採用しています。

[more]

METPOINT BDL portable: ポータブル型測定装置 09.12.2016

ベコテクノロジーズのグラフィクディスプレイが備わったMETPOINT BDL(データログ装置)シリーズは、圧縮空気、圧縮ガス用のデータロギング装置です。また、新製品のMETPOINT BDLポータブルは持ち運びができ、かつコンパクトな測定装置です。

[more]

展示会情報:CIPM/ベコテクノロジーズ(中国) 26.10.2016

ベコテクノロジーズ(中国)は、11月5~8日に開催されるCAPE 主催の製薬関連機器のトレードショー:CIPM2016(China International Pharmaceutical Machinery Exposition)に出展します。

[more]

新CEO就任のお知らせ 28.07.2016

7月1日よりNorbert Strackがベコテクノロジーズ(ドイツ)の技術部門のCEOとして就任致しました。今後、Werner Koslowski より、経営責任と業務を引き継ぎます。

[more]

世界的なコーヒーメーカーにおけるオイルフリー圧縮空気 15.06.2016

ベコテクノロジーズは、製品の品質を高めるために、高い効果のあるソリューションを使用しているラバッツア社の圧縮空気システムの近代化に貢献してきました。

[more]

油水分離装置 OWAMAT®(ウバマット) 22.04.2016

ベコテクノロジーズ株式会社は、世界中での販売経験をもとに、コンプレッサーからのドレン水処理の安全かつ省エネ効果のある技術を開発してきました。また、OWAMAT®(ウバマット)は、皆様のニーズに適切に対応できるよう開発され、20年以上にわたり、絶えずバージョンアップ・改良をしてきました。

[more]

BEKOMAT(ベコマット)オートドレントラップ特別モデル 09.03.2016

ベコテクノロジーズ株式会社は、標準仕様の製品以外にも通常のドレントラップでは対応できない特別用途向きに、特別モデルのオートドレントラップもご提供しています。

[more]

BEKOMAT 3xUシリーズ発売 18.03.2014

BEKOMAT 31-33シリーズのアップグレード

[more]

METPOINT測定技術の新しいセンサーとディスプレイ 24.12.2013

測定技術は圧縮空気の純度を可視化し、システムに於ける改善可能性を指摘します。 BEKO TECHNOLOGIESの測定器は、圧縮空気の評価や質保証、及び隠れたコスト削減の機会を識別するために、信頼できるデータベースを提供します。圧縮空気パラメータの連続モニタリングは、行程の安全性を提供し、継続的な生産コストの削減をお手伝いします。 ComVacHannover 2013で、ベコテクノロジーズは、METPOINT測定製品枠から、いくつかの新製品を発表しました。0から25、または、0から60のバーへの適用範囲に於ける操作圧力のモニタリングのためのMETPOINT®PRM(圧力測定)。正確で長期間安定の薄膜センサー技術による圧力送信器は、その測定の高い精度(〈0,5% pu)と高い破裂圧力を誇っております。MODBUSプロトコルとベココミュニケーションプロトコルが含まれます。 連続湿気監視のためのMETPOINT®DPM(露点測定)。ポリマー・センサー付きの露点送信機は、温度、相対湿度、露点を測定し、防水です。その適用範囲焦点は、-60~40°C の間にあり、tdf.MODBUSプロトコルとBEKO COMMUNICATIONプロトコルが含まれます。 METPOINT®BDL、データロガー(記録装置)。4台、8台または、12台のセンサーの接続のための新しいMETPOINT BDLデータロガーは、異なるパラメータのすべての測定値を確実に保存し、それをタッチスクリーンカラーディスプレイに表示します。設定或いはパラメータ表示、更に警戒値の表示は簡単でユーザーフレンドリーです。ウェブサーバを介しての遠隔表示はいつでも可能です。このことにより、測定結果は時間と場所が別個になります。 測定値のユニバーサル(一般共通、万能)ディスプレイであるMETPOINT®UD01。測定値のシンプルで安定した表示のために、BEKO TECHNOLOGIESは新しいUD01ユニバーサル(一般共通、万能)ディスプレイを提供します。警戒値は個々に表示されます。この装置には、視覚的アラーム送信機と聴覚的アラーム送信機の簡単な接続のために直流電気の独立出力が付いております。UD01の特徴は、使いやすさと、関連する全ての測定装置の切り替えが簡単であることです。

[more]

医療用圧縮空気の確実な監視が可能なMETPOINT MMA 02.12.2013

この計測技術により、圧縮空気の精度は可視することが可能になる上、システムの潜在的改善を示す事ができます。 ベコテクノロジーズの測定機器は、確実なデータベースを査定と圧縮空気品質保証、そして、隠れているコストを削減する機会を提供します。 圧縮空気パラメータの連続的モニタリングは、安全なプロセスを提供し、環境を維持しつつ生産コストを下げることに役立ちます。 ベコテクノロジーズのMETPOINT MMAは、医学フィールドにおける圧縮空気品質のモニタリングのための新しい固定型システムです。 METPOINT MMA (Monitoring Medical Air)は、空気を吸いこみ吐き出す過程において中心部で合計6つのパラメータを連続的にモニターします。獲得した数値は、酸素、一酸化炭素、二酸化炭素、二酸化硫黄と酸化窒素含有量(窒素を含むガスと圧縮空気内の水蒸気)を含みます。 予めセットされたアラーム・パラメータは、ヨーロッパのPharmacopoeiaで指定されている制限値の迎合性を確実にします。 すべての慎重な数値の絶え間ないドキュメンテーションで、システムは高い安全標準を保証します。   詳細は弊社までお問い合わせください。

[more]

食品/飲料産業における圧縮空気品質の重要性 10.09.2013

食品・飲料産業では、さまざまな工程で、圧縮空気が使われています。 圧縮空気の中には、コンプレッサーや制御装置などの機械を動かすために使われる場合や、単純に空気を送りだすだけの場合まで、使い方もさまざまです。 このような用途の場合、エアーの質の高さを求められることはありませんが、他のプロセスにおいては、圧縮空気がダイレクトに製品に接触することがあるため、100%オイルフリーな状態で、かつ圧力露点がマイナス40度を基準として求められるのが一般的です。 では、食品・飲料産業では、どのようにして質の高さを確保しているのでしょう。 私たちベコテクノロジーズでは、流量や圧力だけでなく、圧力露点や漏出量なども計測可能な機器をご提供しています。 中でも、簡単に測れないと言われている0.003ppmという極めて少ないオイルベーパー量や、ISO基準(ISO8573-1)クラス1以上が計測できる機器があります。 ほとんどの企業で、オイルベーパー含有量を計測する事ができない理由が二つあります。 一つには、多くの企業はオイルフリーコンプレッサーにお金をつぎ込み、性能を信じきっているため、なんの不安も感じていないことです。二つめには、莫大な設備投資をしなくても、このような測定機器の設置が可能であることに気づいていないことです。 オイルフリーの空気やオイルフリーコンプレッサーの議論に入るまでもなく、100%オイルフリーコンプレッサーが空気中に炭化水素を混入させることはないと言えますが、同時に入口から入る大気中に存在するものを排除することができないのも事実です。 しかしながら、乗り物のような場合、シフトチェンジの際、100%オイルフリーコンプレッサーであっても、ISOクラス2程度の油分含有量を検出することがあることをベコテクノロジーズは理解しています。 食品/飲料産業だけでなく、あらゆる産業において、完璧な圧縮空気の品質を確保するには、 露点とオイルベーパー含有量を計測する事が重要です。 ベコテクノロジーズはお客様へ解決策をご提案します。 オイルベーパー含有量を測れるMETPOINT OCVと、METPOINT DPMは、恒久的に設置し、常にご使用のエアー品質を監視できる機器として販売しております。 詳しい情報及びお問い合わせは弊社までご連絡ください。

[more]

ベコマットの大きな兄弟ですが、重くないです。 31.07.2013

ベコテクノロジーズはコンプレッサーのドレン排出管理における専門家です。 写真は前景のノーマルなフィルターエアーレシーバー用ベコマットと共に問題の多いドレン回収要求の為に特注でお客様に出荷された巨大な双子のベコマット9が写っています。 ベコテクノロジーズはドレン排出管理のマーケットリーダーとして、ターボ・ピストンコンプレッサー・気候や場所そして流量の大きな超常環境においても適切な製品を幅広いラインナップでご用意しております。 ドレン凝縮液を回収し適切にドレンをオイルと水に分離する処理をするウバマットと組み合わせることで、全てのダウンストリームの圧縮空気の問題を解決し、省エネと同時に環境にも優しくなる手助けになることでしょう。

[more]

さらに高まったメンテナンスの利便性- BEKOMAT31/32/33 12.06.2013

ドレン処理技術の世界において、ドイツ・ハノーバーで行われたCOMVAC HANNOVER 2013(圧縮空気および真空技術専門見本市)で発表された、メンテナンスの利 便性を今まで以上に高めたアップグレードバージョンのオートドレントラップ、ベコテクノロジーズ株式会社のBEKOMAT31,32,33が話題となりました。 アップグレードしたBEKOMAT31,32,33シリーズには、サービスインジケーターが搭載されており、タイムリーに次のメンテナンス時期をお知らせします。 マルチ電圧電源採用により、85~265Vac・50~60Hz内で使用可能なため、電圧による製品の細分化を減らします。 保護等級IP67適応と認められた製品であるため、密閉性が高く、確実にゴミ(ほこり)の侵入を防ぐだけでなく、防水機能により、一時的な浸水によるダメージも受けることはありません。したがって、本シリーズが厳しい使用状況下での理想的なソリューションといえるでしょう。 本製品シリーズに共通しているのは、業界では画期的だといわれる、メンテナンスをとても簡単にできるという基本コンセプトです。 部品は、すべてワンタッチコネクターで手軽に接続できます。 また、従来モデル同様、アップグレードバージョンのBEKOMAT31,32は、2つのコンポーネントで構成されています。メンテナンス部品すべてが耐腐食性ハウジング内にまとめられ、一体化されているサービス部分と、一度インストールするだけで済むコントロール部分の二つです。BEKOMAT33の特徴である3つめのコンポーネントとは、ドレンが溜まっていく固定型のレシーバータンクです。 この構造の最大の利点は、メンテナンス関連部品の交換が大変シンプルにできるということです。ドレンが溜まっていくレシーバータンクは、コンプレッサーシステム内に設置されたままで、交換部品のみを取り外すだけでメンテナンスが完了します。 コントロール部分とサービスユニットは、かんたんに取り外せ、メーカー純正のサービスユニット部分をワンタッチで交換することができます。 すぐに使えるサービスユニットは、メーカーでの圧力・動作テスト済みですから、電気関係の取付けやシーリングの取付け、その他、何一つ固定させるような部品もありません。 プラグアンドプレイにより、最小限のメンテナンス時間で最大限のコスト効果を期待できます。  

[more]

BEKOMAT製品ラインアップ変更のお知らせ 23.05.2013

2013年1月時点にて一部の大量購入いただいているお客様には、すでにご案内申し上げておりましたが、この度、かねてより計画しておりましたBEKOMAT21 EconomyおよびBEKOMAT 21 PRO(以下、本機)の廃番に関する詳細内容を、すべてのお客様へ正式にご案内申し上げる次第であります。  これまで20年以上の間、ご愛顧いただいておりましたが、このたび生産体制の変更により廃番とさせていただくこととなりました。 本機を製造するにあたっては、これまでにも使用設備の取り替えを行ったことがございましたが、今回再び取り替えが必要となりました。  ベコテクノロジーズ株式会社では、5年前より代替機種をご紹介させていただき、徐々にお客様からのご用命をいただくようになり、逆に本機の販売台数が少しずつ減少してまいりました。 このような背景から、弊社といたしましても本機の製造に必要な設備の更新は、経営的に不適切であると判断いたしましたので、本機の製造から撤退することとなりました。 該当機種: BEKOMAT 21 Economy    全ての電圧およびOEM品、主要顧客向け品を含む全て BEKOMAT 21 PRO          全ての電圧およびOEM品、主要顧客向け品を含む全て 代替機種: BEKOMAT 21 Economy、BEKOMAT 21 PROの代替えには、容量によりBEKOMAT 31または、BEKOMAT 32をご選択いただきますよう、お願い申しいたします。 予定時期: 2013年7月より、BEKOMAT 21 EconomyおよびBEKOMAT 21 PROの御注文をいただくことができません。 最終の御注文を承り後、本機製造設備は処分される運びとなります。 予備部品: 当面、継続してご提供させていただく予定ですので、ご安心下さい。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。  ご不明な点につきましては、お客様担当の弊社営業社員までお尋ねください。 今後とも弊社製品をご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

[more]

『BEKO圧縮空気を賢く管理する方法2013』 18.02.2013

日本国内の電力消費のうち10%が圧縮空気に使われているといわれています。ベコテクノロジーズ株式会社は、ドライヤーやフィルター、そしてドレン管理におけるリーディングカンパニーであり、近年特に伸びている分野として、圧縮空気の品質管理を担う計測機器があります。ベコテクノロジーズ株式会社では、優れた技術を熟知した営業担当者が、圧縮空気をより効率よくお使いいただくことで、お客様のビジネスを伸ばしていくお手伝いをさせていただきます。そこで、2013年、圧縮空気を最大限に活用するための役立つアドバイスをまとめてみました。 1. お客様自身、現状について理解を深めましょう。一日単位、週単位、月単位、あるいは年単位で流量の変化を測りましょう。 システム上の正確な流量の調査に対して投資を惜しんではいけません。コンプレッサーが稼動しているかどうかをチェックするために、コンプレッサーモーターにスイッチが入るだけのような単純な分析にはご注意ください。そのような分析は、よく無料で勧められますが、コンプレッサー稼動サイクルの大まかな目安にしかなりません。車のガソリンメーターランプについて考えてみてください。タンクが空になりそうなことを知らせてくれますが、燃費よく運転できる方法を教えてくれるわけではありません。このような計測システムは実際に存在しますが、より複雑で洗練されているため、決して安くはありません。しかしながら、一度取り付けると、そこから得られる情報から、確実に燃費よく運転する方法を学ぶ事が出来ます。 2. システムを効率よく制御しましょう。複数のコンプレッサーの使用や、種類やサイズの違うコンプレッサーを組み合わせて設置されている場合、特に“制御”が重要になってきます。目的は、とても費用が嵩む“オフロード”稼動を停止する事です。“インテリジェント”制御システムは、無駄に圧力を上げたり、減らしたりすることなく、コンプレッサーの運転を最適化すること可能にします。 3. 圧力とエアー品質を最適化しましょう。多くの場合、各アプリケーションに適したエアー品質と圧力を使用するのではなく、全てのアプリケーションにおいて同一のエアー品質と圧力が使用されていることがあります。例えば、圧縮空気の10%のみを10bar(ゲージ圧)で使用、残り(90%)を6bar(ゲージ圧)での使用で十分とするならば、それぞれ別途に管理することで、さらなる費用対効果を期待できるでしょう。同様に、もしオイルフリーのエアーが全体のうち一部の系統のみで必要な場合においては、その系統に活性炭フィルターや、触媒コンバータを介した専用のシステムを設けることで、全体をわざわざオイルフリー品質にする必要がなくなるため、コストの最適化が図れることになります。 4. 定期的に、且つ、念入りにエアー漏れのチェックを実施しても漏れは発生します。理由としては、 A) 複雑な配管は、継ぎ目のひずみを起こします。B) 振動により、徐々に継ぎ目が緩んでいきます。C) 酸性の強いドレンが残っている。D) 作業員の不注意。E) 作業員の知識不足によるもの「音で感知できる漏れのみを無くせば十分!」と考えている。F) その他 超音波検出器を使って、かんたんに漏れの問題を解決できます。ほとんどの工場では、生成する圧縮空気の10~20%が漏れにより捨てられています。このことから、毎年検査を実施することが重要になってきます。 5. メンテナンスを行ないましょう。定期的なメンテナンスは、稼動時間が短いからといって、怠ってはいけません。簡単なように聞こえますが、ほとんどの故障と非効率な稼動の原因は、基本的には信頼性の高い、優れたデザインの機器を間違った使い方や酷使した場合に起っています。良い例としては、エアゾールや臭気を除去する活性炭フィルターがあります。このフィルターは、比較的短い製品寿命(数百時間)となっていますが、本来の機能を発揮していないケースが多いです。それは、寿命が何千時間にもなる、他のラインフィルターと同じタイミングで活性炭フィルターの交換を行なっているからです。 6. もし圧縮空気を大気にパージしているのであれば、今すぐストップしてください! このパージは、吸着式ドライヤーもしくはエアーブローで発生していると思われますが、特別なケースでない限り、リスクなしで、この圧縮空気の無駄を抑えることが可能です。 7. 今や、多くのメーカーが『ゼロパージ』のドライヤーを提供し、比較計算表を示しますが、パージに対するドライヤーのコスト回収期間を、かなり縮めることができております。 8. あらかじめ設定した間隔で電磁弁が開きドレン排出をするという方法(タイマー式オートドレン)は、その日によって、または月や年ごとによって、ドレンの量は変化があり、温度や湿度の変化にも左右されるため、基本的には非効率といえます。安全に且つ確実にドレンを除去するためには、要求された間隔より長くタイマーをセットしなければなりません。エアロスゼロの容量センサー式ドレントラップは、フィルターやドライヤー、タンクや他の排出ポイントなどに取り付けるべきです。 9. 圧力降下を管理しましょう。圧力降下を改善することで省エネ効果が見込めます。システム自体の設計に問題があると、余計な圧力降下を生みます。例えば、フィルターのサイズが小さかったり、流量に対して配管径が小さいことが考えられます。また、余分なモノを設置することでも圧力降下が発生します。例えば、エアー使用点直前に設置されているウォーターセパレーターは、前段のドライヤーが正常に機能している場合、圧力損失が増えるだけで、何の役にも立ちません。同様に、必要なエアー品質とフィルターのろ過度がマッチするようにしてください。不必要にろ過度の高いフィルターを設置することは、圧力降下を助長してしまうだけです。 10. ベコテクノロジーズ株式会社の営業社員は、圧縮空気システムの最適化を図るための豊富な知識と経験を駆使できるよう、トレーニングを受けています。ドレン処理およびエアー管理のノウハウを十分にもっていると自負しております。

[more]

特殊な条件下でも性能を発揮する冷凍式ドライヤー DRYPOINT RA 20.02.2012

United Biscuitsグループ傘下にあるKP Foods社では、最近になって、原料として使用している酢酸による、冷凍式ドライヤーの不良がみられました。

[more]

漏れ探知機METPOINTリークディテクターが改良されました 03.02.2012

METPOINTリークディテクターは全ての漏れを検知します。正確かつ迅速に。

[more]

Displaying results ###SPAN_BEGIN###%s to %s out of ###SPAN_BEGIN###%s
<< First < Previous 1-20 21-21 Next > Last >>

リンク